インターナショナルプリスクール&アカデミー

教育内容

モンテッソーリ教育では、子供の内発的な発達プログラムに基づいて、次の5つを実践課目として設けています。

日常生活の練習:Practical Life

依存から自立へ

モンテッソーリ教育の基礎になる課目で、「運動の教育」として位置づけされています。

「模倣期」…
2~3歳の子供は「模倣期」にあります。日常生活における大人の様々な動作を真似をしたがる時期になります。

「敏感期」…
モンテッソーリはこの時期を「身体発達と運動の敏感期」と呼んでいます。

身体をある程度自由に動かすことが出来るようになり、盛んに身体を動かして環境に働きかける時期だからです。
この模倣期と運動の敏感期を利用し、秩序だった動きや身のこなし方を伝えます。 子供は自分の意思どおりに動く身体をつくり、自分で自分の事が出来るようになります。 その結果、自立心、独立心が育つのです。

感覚教育:Sensorial

2歳~3、4歳にかけての子供は、次の3つの発達特性を持っています。

感覚の敏感期

感覚器官を洗練させたいという発達上の要求を持ちはじめます。小さな物音に興味を持ったり、いろいろな物に手当たりしだい触ったりすることが、その現れです。

無意識から意識的な吸収精神へ

0~3歳の子供は、大人の真似をしながら、無意識的に外界のさまざまな出来事を吸収しています。3歳頃から、それまで無意識的に吸収してきたものを、意識的に整理しようとします。「どうして?」という問いかけは、その現われです。

知性の萌芽

2歳ごろの子供を見ていると、「あ、あのコップ、私と同じ」と同じ絵柄に気づいたり、ばらばらになった貝殻の対を探したり、何かを大きさの順に並べたり、形別に分けたりすることに気づきます。これらは知性の萌芽の現われです。

言語教育:Language

読み書き・話すこと・文法を育む

モンテッソーリは子供の言語発達について「名称(名詞)を知ることから始まり、その性質に関する単語(形容詞)に移り、ものの関係を表す単語(動詞・助詞)に及ぶ」と考えました。
単語教育では、絵カード、文字カードなど、それぞれの発達段階に即した教具を使い、話す、読む、書くといった作業を通じて語彙を豊かにすることを目指し、最終的には文法や文章構成へと進みます。

算数教育:Mathematics

数量概念を学ぶ

モンテッソーリは、人間の精神の発達は、
・運動、感覚から抽象へ
・感性的認識から抽象的認識へ
・具体から抽象へ
という経路をたどるといっています。
モンテッソーリ教育法は、子供にこの経路をたどらせることによって抽象的認識に至らせることを目指しています。
モンテッソーリは、「私の教育法は知性の教育です」といっています。
抽象的・論理的な力を要求される算数教育では、特に具体物(算数棒、ビーズなど)を用いて量を体感させることから始め、系統化された多くの教具によって細かいステップを踏みながら、抽象へ移行します。
「大小の分類」「順列」など、数量概念の基礎から十進法、加減乗除へと子供を無理なく導きます。

文化教育:Culture

生命・自然への興味、芸術に関する表現力を育む

日常生活の練習、感覚・言語・算数教育の基礎の上に立って「わが国の地理的、文化的条件のもとで、先人が創り引き継いできた知識や生活様式を受け継ぎ、発展させていく」ための基礎を培うことを目的とします。
歴史、地理、地学、生物、音楽、道徳、美術などを主な内容としますが、それらを体系的に学ぶのではなく身近な事物に触れたり、観察したりして、文化を獲得する態度を養うものです。